肩こり・腰痛・交通事故治療

京都 西院 かすが整骨院

終戦記念日

読了までの目安時間:約 3分

西院で腰・肩・膝などの痛めたら・・・

昨日は終戦記念日でした。戦争で亡くなられた兵士や国民に追悼いたします。私は仕事上で患者様から戦争経験者の話をよくお聞きしましたがシベリア抑留された方の話は壮絶でした。その方は当時20代前半でしたので帰国されましたが30歳以上の方は次々と過労死や凍死で亡くなられたそうです。家庭を持っていた方だったと思います。

戦争はあってはならないことだと思いますが世界のどこかで現在も起こっています。また人種差別も根強く残っています。

賛否両論あるかもしれませんが、大東亜戦争は日本ばかりが悪いのでしょうか?日本は侵略したといわれますが、進出した土地で学校を作り、教育を現地の方にも受けれるようにしたり、東南アジアの国は植民地から解放した事実はあります。太平洋戦争開戦時もできるだけ避けようと努力しましたが、「ハルノート」の内容を見れば到底承諾できるものではないものです。なおかつ石油・鉄など止められれば国内の工業生産自体停滞し、失業者がかなりの数に日本国家経済は停止し(軍の暴走もあえうますが)国家存続の自己防衛のために開戦したとしか思えないのです。韓国や中国からかなり批判がありますが、それも理解できるところもあります。しかしあの時神風特攻隊まで編成して立ち向かわなければ、アジア全体は白人社会の植民地化が進んでいたかもしれません。実際日本の敗戦後インドネシア独立のためにオランダと旧日本軍がインドネシアの方に兵器を譲渡し一緒に戦った日本人兵士は2000人いたと聞いています。そのうち半数は戦死され、インドネシアに埋葬されています。最近いろいろな資料が出てきており、特攻隊で亡くなった方の遺書など公開されていますが、日本の兵士たちの気持ちは平和を望む遺書が多く、その兵士たちによって現在の日本は経済豊かな平和な国なったことを感謝します。

また日本は戦争には負けましたがアジアから400年近く続いた植民地時代からアジア解放に影響を与えた事は日本人として子供たちにも戦争で亡くなった方への敬意をこめて伝えていったほうがいいと私は思います。

右京区西院のかすが整骨院

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
西院 かすが整骨院